沖縄での体験ダイビングの工程

ハッピーダイビングブログin沖縄

Yahoo! JAPAN

沖縄での体験ダイビングの工程

ハッピーダイビングブログin沖縄メイン

体験ダイビングをしながらインストラクターに連れられて水底までたどり着いたら、透き通った沖縄の海と周りの景色を体感できます

沖縄での体験ダイビングの工程

体験ダイビングを申し込んでから、沖縄の海の潜るまでにインストラクターからの説明を受けて、従うことは大切ですが実際に海に潜る時にはどんな事を注意できるのでしょうか?

■海に潜る前に練習する

ダイビングスーツや空気ボンベを身につけていれば海のなかに沈むことはないとはいえ、初めてダイビングをする人にとっては少し不安です。

それで、最初は船のハシゴにつかまりながら足をバタバタさせたりして、器材の使い方に慣れて、水中での呼吸もできるようになってから、潜り始めると良いでしょう。

水に慣れて来たら、インストラクターに掴まりながら沖縄の海の深いところまで行ってみましょう。

■インストラクターと海底散歩

インストラクターに連れられて水底までたどり着いたら、透き通った沖縄の海と周りの景色を体感できます。

ライセンスが無い体験ダイビングではあまり深いところまでは潜ることができずに、最大で12メートルまでだそうですが、水族館でしか見られない熱帯魚やサンゴを見ることができ、場合によってはウミガメが現れたりします。

◆関連記事→(URL:http://www.asahi.com/eco/TKY200809090342.html

一回のダイビングでの時間はわずか30分なので、時間を有効活用する必要があります。

■体験ダイビングを終えてから

30分のダイビングを終えてから、物足りなく感じれば2回目、3回目と変更することも出来るようなので、早めにスタッフと連絡しておくことができます。

また、別途料金を払えばお弁当も用意してもらえるので、お腹がすいた時間に、船の上で食事をすることができます。

沖縄の透き通った海を見ながら食べるご飯は格別の味です。

PickUp Entry

沖縄でダイビングする前の工程

沖縄の海の体験ダイビングといっても初めて器材を使う人は必要最低限の使い方を知っていなければならず、沖縄の海に潜る前に練習することも大切です。

体験ダイビングのプラン

沖縄で体験ダイビングを楽しみためには、いくつものプランを決める必要があり、家族の人数や、自分たちの旅行の予定に合わせて決める事ができます。

Copyright www.peasantatl.com. All Rights Reserved.