沖縄でダイビングする前の工程

ハッピーダイビングブログin沖縄

Yahoo! JAPAN

沖縄でダイビングする前の工程

ハッピーダイビングブログin沖縄メイン

沖縄の海の体験ダイビングといっても初めて器材を使う人は必要最低限の使い方を知っていなければならず、沖縄の海に潜る前に練習することも大切です。

沖縄でダイビングする前の工程

実際に体験ダイビングをする前には、いくつかの工程があり、その一つ一つを前もって理解していないと事故につながることもあります。

■ダイビングする場所に向かうまで

まず、体験ダイビングを前もって申し込んでおいて、指定された場所で集合して、受付用紙に記入しますが、その日の健康状態をきちんと記入しておかないと、大きな事故につながりかねません。

《Check!》⇒スキューバダイビング初心者は無理な潜水や過密スケジュールによる減圧症にご用心 - NAVER まとめ

ダイビングする場所に向かうのに、ビーチから海に入る時には、プロのインストラクターに付いて泳ぎながら目的の場所へと向かいます。

ボートで向かう場合には、ゆっくりと沖縄の海を眺めながら、目的地まで移動できます。

■前もってインストラクターに指導してもらう

沖縄の海に潜る前には、インストラクターによって、簡単な指導を受けることができます。

ビーチから海に入る時は浅瀬で、器材の使い方や手や指を使ったサインを説明されます。

また、ボートでダイビングの場所まで向かう時には、ボートの中で移動中に注意事項を説明してもらえます。

■インストラクターの指導にしっかり従うことが大切

体験ダイビングといっても、初めて器材を使う人は必要最低限の使い方を知っていなければならず、沖縄の海に潜る前に練習することも大切です。

インストラクターは毎日素人を相手にしているので、海に潜る前に器材を付けて、使い方や呼吸の仕方を前もってきちんと教えてくれます。

ダイビングスーツには、微量の空気が含まれているので、泳ぎが苦手な人でも安心でき、沖縄の海の底まで沈むことはありません。

PickUp Entry

沖縄でダイビングする前の工程

沖縄の海の体験ダイビングといっても初めて器材を使う人は必要最低限の使い方を知っていなければならず、沖縄の海に潜る前に練習することも大切です。

体験ダイビングのプラン

沖縄で体験ダイビングを楽しみためには、いくつものプランを決める必要があり、家族の人数や、自分たちの旅行の予定に合わせて決める事ができます。

Copyright www.peasantatl.com. All Rights Reserved.